銅合金インゴットのことなら・・・ 株式会社 イクチ 特殊配合品はおまかせ!小ロットで製造します!
トップページ サイトマップ お問い合せ
鋳物は湯が命 安心して使えるイクチのインゴット 私たちは「鋳物は湯が命」を合言葉にお客様に安心して使えるインゴットを提供します
良い湯とは? イクチの製法 イクチの特長 製品と事業 会社案内 昔の角丁物語 Q&A
トップページ>
こんなに曲げても折れません!

究極のBC−6
究極のBC−6写真 イクチのBCInー6を使って厚さ4ミリの板を鋳造し、たたき曲げたものです。青銅の中で汎用品であるBC−6材でも、曲げてもヒビひとつ入らない、粘りのある板を造ることができます。

品質の良い素材と、鋳物職人の匠の技が出会ったとき、鋳物の新しい可能性が生まれます。

良い鋳物は良い素材から・・・
イクチでは「鋳物は、湯が命」を合言葉に、安心して使える銅合金インゴットを提供します。

なぜ鋳物にとって、湯が大切なのでしょう?

鋳物の作り方は千差万別です。でもせっかく苦労して考え、作った方案や鋳型も入れる湯の品質が良くなければオシャカになるかもしれません。

「鋳物は、湯が命」 鋳物にとって良い湯とはなにか? きれいな湯を作るにはどうしたらよいか?イクチの「湯」への想いをご紹介します。

詳しくはこちら

イクチ風インゴットの作り方を紹介します

安心して使える銅合金インゴットはどうやって作るのでしょう?
創業70年の積み重ねから、イクチでは昔ながらの製法を取り入れた精錬作業を行っています。

精錬とは地金を若返らせること」精錬メーカーとしては小さな炉で作っていますが、それは「湯を見て、湯を感じて作りたいから」手間ひまかかりますが、お客様に納得いただける品質のインゴットを作っています。

詳しくはこちら

イクチの特長は、安心してお使いいただけること

イクチにできることは、お客様の作る鋳物に最適な湯を提供すること。
高品質のインゴットを多品種・小ロットでご提供します。また安心してお使いいただくために、さまざまなかたちで鋳物の湯をサポートします。


イクチの銅合金インゴットは、こんな鋳物メーカー様に最適です!
● 「製品の検査が厳しい鋳物を作っています」
「鋳肌の仕上がりが美しい美術工芸品を作っています」
高品質のインゴットがほしい
厳しい品質が要求される鉄道架線金具鋳物用のアルミニウム青銅インゴットでは、業界bPのシェア。
詳しくはこちら
● 「海外規格や社内規格の特殊配合品を手がけています」

特殊規格のインゴットがほしい
イクチの銅合金インゴットは約40%がオーダーメイド。成分や原料を変えて、お客様の作る鋳物に最適な湯を提供します。
詳しくはこちら
● 「小ロット多品種で、いろんな材質の銅合金鋳物を作っています」
小ロットでつくってほしい
特殊規格の銅合金インゴットでも、最小500kgから製造可能(るつぼ炉製造の場合)
金銀メッキしたスクラップの熔解加工も少量から承ります!
詳しくはこちら
● 「鋳物がうまくできなくて困っているんだけど、どこに相談すればいいかわからなくて・・」
鋳物作りのサポートをしてほしい
銅合金用フラックスの提供、返り材の分析、返り材の精錬加工などさまざまなかたちで鋳物の湯をサポートします。

詳しくはこちら

製品ラインアップ・ほかにもこんなことができます

イクチの銅合金インゴット 製品ラインアップのご紹介です。
アルミニウム青銅・高力黄銅・シルジン青銅ほか洋白・白銅など銅合金でも少数派の品種が得意です。特殊配合品ならおまかせください。

他にも、湯の品質向上のために分析・フラックス・精錬加工といった事業で鋳物の湯をトータルにサポートします。イクチはアフターケアーを大事にします。

詳しくはこちら

インゴットの歴史・・・「昔の角丁物語」

銅合金インゴットのことを昔は角丁(かくちょう)と呼んでいました。
祖父が興したイクチの創業時代、昭和初期には銅合金インゴットはどのようにしてつくっていたのでしょうか?現在では「鉱(ヤマ)行き」といて、産銅メーカー行になるような低品位の原材料から高品質の角丁(かくちょう)を作っていたのです。

イクチが経験したインゴットの歴史、といってはおおげさですが、「昔の角丁物語」はいかがですか?

詳しくはこちら

    《 新着情報 》
イクチのサイトに関するお問い合せはこちら
このページのトップへ

人財募集
クリックして下さい

銅相場情報
現在の国内電気銅建値は
560円/kg
2016.7.27
発表
※国内電気銅建値はロンドン金属取引所(LME)の銅取引価格を指標にして、産銅山元(精錬メーカー)が発表するものです。
銅相場の動き
(グラフ掲載)
海外銅相場と国内電気銅建値の動きをグラフでご覧いただけます。ここをクリック

最新のグラフ更新日は、
2016.7.9です。
事情により更新が遅れる場合がありますのでご容赦ください。

新着情報
2016.7.9
銅相場グラフ更新しました


鉄道工芸品を取り扱いましたイクチ工芸社は、担当者高齢のため引退し、H27.9末をもちまして業務を終了します。
長らくのご愛顧ありがとうございました。


メインメニュー








良い湯とは?  イクチの製法  イクチの特長  製品と事業  会社案内  昔の角丁物語  Q&A
トップページ  お問い合せ  サイトマップ

株式会社 イクチ
〒554-0052 大阪市此花区常吉2丁目3番53号
TEL 06-6460-2246  FAX 06-6460-2355  IP電話 050-3532-2804
URL  http://www.ikuchi.jp/  E-Mail info@ikuchi.jp
Copyright(C) 2005 Ikuchi Corporation.All Rights reserved

jinzaibosyu.htmlへのリンク